2011年08月05日

節電フェア云々の・・・


(節電便乗売り込み)幟旗がよく目に付く(鼻に付く)今日この頃ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか?


暑中お見舞い申し上げます。


すっかりご無沙汰しておりますが、皆様におかれましてはますますご壮健のことと存じます。

暑さに負けずエムズのスタッフ一同元気に仕事に励んでいます。

お陰様で(殆どが皆様方からの紹介により)いろいろな仕事の依頼を頂いています。

今後とも倍旧のご愛顧を賜わりたく、謹んでお願い申し上げる次第です。

暑さ厳しき折ですが、皆様くれぐれもご自愛ください。



エムズファクトリー スタッフ一同。




posted by リーさん at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月08日

全く同じ内容の工事なのに・・・


・・・見積りの金額が違う場合があります。

(正確には“同じ”では無いのですが・・・)


例えば、リフォームでキッチンの改修工事を考えてください。

同じ流し台を同じように交換する工事で、

Aさんは、工事する日は早めに朝食を片付けて工事の準備、
工事中はキッチンを使わないので一日だけの工事。

Bさんは、工事する日もいつも通りの朝食で工事の準備はその後、
昼食、夕食はキッチンを使うために流し台を仮設復旧するので、二日以上の工事。

つまり、その人の生活に合わせて見積金額も変わるということです。


posted by リーさん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年06月04日

クレイマーとかモンスターとか・・・


・・・呼ぶ前に、相手のココロを読むことが大切です。

あくまでも話し合うことが大切(目的)なのだから当たり前です。

その人の正義や生き方のストーリーを掴み、相手のココロの中に入らないと、
ちゃんと向き合ってもらえません。

そこの町のその場所に家を建てると言うことは、周りに住む人の人生にも関わることです。

真摯に考えなければいけません。
posted by リーさん at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年06月03日

家は生きている・・・


・・・決してただの“箱”ではありません。

“箱”の中で快適に過せるようにいろいろな設備機器を足していく考え方ではなく、

自然光をあやつる工夫、ちゃんと呼吸できる工夫、などなど・・・
環境と人と共存共生が出来る様にプランニングされた家は震災にも強いです。

「“耐震住宅”から“耐災害住宅”へ」という考え方にも通じと思います。
 
posted by リーさん at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | planning

2011年06月02日

出来ることから備えること・・・


やはり、大地震の後、住まいの耐震についての問い合わせは多いです。

被害にあった家 あっていない家、その家の耐震判断や補強工事についての相談です。

建てられた時期や構造で、どの様に施工されているかを考え、その家の診断予測を伝えます。

工事を行なうにはそれなりの費用、確り診断するのにもそれなりの費用は掛かります。

費用の問題で、話を聞いてすぐに諦める(住まいと向き合うことを止めてしまう)方もいます。

初めから考えていないことにする方も・・・

とても勿体ないことです。

折角気になったのだから、出来ることはしておいた方が良いと思います。

自分が住んでいる家がどの様な家なのかを知るだけでも、大切な備えに繋がります。
posted by リーさん at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年05月27日

建築プランニングは、工事計画と・・・


・・・資金計画を平行して行ないます。

(当たり前のことですが・・・)

新築やリフォームの計画を始めると、造るカタチの希望ばかり考えがちになります。

「予算はコレくらいで・・・」と、考えているだけではどんぶり勘定と同じです。

建築にかかる費用は、工事費用の他にも沢山あります。

また、費用をどの様に用意するのがベストなのかを考えるコトも大事なことです。

良い住まいは、良い設計(家の設計・環境計画)と良い工事と良いお金の使い方で決まります。
posted by リーさん at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年05月24日

建て売り業者(不動産屋)が・・・

・・・敷地造成した物件は、かなり慎重に選ぶ必要があります。

商売柄、街中で行なわれている造築・建築工事は注意深く見ていますが、
ことさら建て売り区画の造成には、かなりの疑問を持つことが多いです。

ただブロックを積んで盛り土をしたり、どこの土地でも同じように地盤改良したり・・・

当たり前ですけれど、同じ金額を掛けるのでも、考え方一つで掛けるトコロは変わります。

その業者の考え・知識・技術で、同じような物件(金額)が並んでいても
内容(質)が全く違うことは、とっても恐ろしいことだと思います。

posted by リーさん at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年05月23日

目の高さ(目線)を・・・

・・・合わせることの大切さ。

サービス(でなくても、全ての)業では、目線が大切です。

上から目線でも下から目線でも無く、
確りと目線を合わせることは、その人の立場に立つと言うことです。

そのつもりでいても、微妙に自分の立場(自分本位)でコトを考えている人は少なくありません。

その事がは悲しいことだと思います。・・・だから、自分も気を付けます。
posted by リーさん at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年05月20日

“こだわらない”ことが・・・


エムズ(ファクトリー)の職人の“こだわり”です。

いろいろな人のいろいろな“こだわり”・・・

その人にとって本当に大事に思える、共感できる“こだわり”にはこだわります。


posted by リーさん at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年05月16日

オーケストラの指揮者と・・・


・・・同じポジションだと思います。

建築現場における現場監督者のことです。

とても素晴らしい設計(曲)でも、いくら腕の良い職人(演奏者)が集まっても、
良い建築(演奏)を造り上げるのには、現場監督(指揮者)の手腕で決まります。

現場監督を選ぶコトは大切なことです。
posted by リーさん at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜