2011年03月05日

小さな修繕工事でも・・・

・・・打合せには、図面の用意は大切です。

でも、新築以外の工事(増・改築・リフォーム)ですと図面がない場合がままあります。

その様な時、私は(商売柄、当たり前ですが)直ぐに平面図を起こします。
日本のほとんどの住宅は、構造(木造・鉄骨・RC・・・)が違っても、
尺貫寸法に近いグリッドで構成されていますから、見回って幾つか採寸をすれば、
ほぼ間違いのない図面を素早く作ることができます。(きれいではないけれど・・・)

打合せに図面を用意するのは当たり前ですが・・・

ちょっとした修繕工事の見積りを頼まれた時でも、平面図は作ります。
(たとえ依頼された方に見てもらう機会がなくても)
図面を見ながら工事のイメージをすると、かなり細かい作業までイメージできて
ベストな方法を取ること(工事)ができます。


posted by リーさん at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43698988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック