2010年12月10日

「二度手間」ではなく・・・



「二度、手間を掛ける」には意味ある。

入院中の方から、退院後すぐに生活できるようにと
住宅の介護改修(バリアフリーリフォーム)を頼まれました。

よくある頼まれごと(仕事)です。

いろいろな箇所をいろいろな対応で修繕します。
手摺の取付けも沢山あります。

「退院したら、本人と確認(形 位置 高さ)しながら、手摺は取付けましょう」と、ケアマネ。

「戻ったらすぐ必要なのだから、病院で本人と相談して、取りあえず取付けましょう」と、私。

「でも、二度手間になりますし、クレームになることも・・・」

「でも、そこは二度、手間を入れた方が、使い勝手が良くなりますよ」

「費用がかさむから・・・」

微妙に話が食い違う感覚・・・よくあります。

ケアマネージャーさんは、自分の仕事と向き合って、物事を考えています。
私は、住まう(使う)ヒトと向き合い、そこから物事(仕事)を組立てます。

エムズの職人も、私と同じ。一つの例として手摺の取り付けを考えても、

ケアマネさんは、「手摺を取付ければ、一つ仕事が終わる」
エムズの職人は、「手摺の取付けに満足してもらえば、一つの仕事が終わる」

「二度、手間を掛ける」ことが必要な場合もあります。
posted by リーさん at 11:49| Comment(0) | abaut M's Factory
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: