2011年04月26日

誰でもできるわが家の・・・


・・・耐震診断。というページが日本建築防災協会のHPあります。

興味があれば、是非、覗いてください。

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html

昨年、ファクト君がこの協会の耐震診断と補強の講習会を受けに行きました。


posted by リーさん at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年04月20日

無難なデザインも大切だけれど・・・


・・・あまりにも素直すぎてしまうと、キッチュな仕掛けを考えてしまいます。

人は誰でもアマノジャクなココロがありますよ。
posted by リーさん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年04月19日

くるくる回る・・・


・・・動線(プランニングでの人の動き・働きの連続した残像)。


昔の家(民家?農家?)の“田の字プラン”を思い浮かべられますか?

部屋が田の字にくっついて、襖で仕切られているだけで真ん中に大黒柱。

くるくる回れてとても使いやすいプランだと思います。

この“くるくる回る動線”は、住宅のプランニングでは重要です。

いろいろな形・大きさ・用途、人・空気・光・音、いろいろな“くるくる”を考えます。
posted by リーさん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | planning

2011年04月18日

建築雑誌の特集は・・・


震災から長い長い一ヶ月を過ぎて、
発刊される建築雑誌には震災の分析を始めています。

当たり前だけれど、問題点があまりにも多岐にわたり過ぎて状況確認も途中の状態。
総括を急ぐ必要はありません。半端に考えられることでは(決して)ありません。

建築の仕事に携わる者の一人として、今後のライフワークである課題にしなければ・・・

posted by リーさん at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年04月15日

子どもがいるから・・・

・・・汚れが落ちやすいモノを選びたい。

部屋の内装(仕上げ)のコト。

汚れが付きにくかったり落としやすいモノは、
ビニールやプラスチックで加工したような肌触り。

塗り壁 布張り 木の無垢材 素焼きタイル・・・などは、
汚れが付きやすいけれど、それぞれ独特の質感・肌触り。

私は、タダ無機質なモノに囲まれた箱よりも、
(自分の好みに関係なく)いろいろなモノに囲まれた部屋の方が記憶に残っています。
posted by リーさん at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年04月14日

スタイリッシュに感じる・・・


・・・デザインよりも、自分が「好き」と言えるデザインを選んだ方がいいと思います。

また、

本当に使いやすいモノは、自然とデザインも 洗練されます。

デザインにちょっと「?」と感じたら、やっぱり使い勝手もちょっと「?」と感じます。

posted by リーさん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年04月13日

「家」は生活の器?


・・・料理と器の関係に例えて。

私は、家は「中華鍋」だと思います。

話は変わります。

昔、貧乏一人暮らしを始めた頃に「中華鍋一つあれば何でも出来るぞ」と
先輩から言われましたけれど、それは嘘ですよね。・・・その頃は信じたけれど。

中華鍋が洗面器代わりになるわけ無いと思います。(油でギトギト)

posted by リーさん at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜

2011年04月12日

帰る家があるということ・・・


・・・の大切さ。

「家」という建物だけではなく、そこに「人」がいることの大切さ。

どこまでも、人が主役の住まい造りを考え続けたいと考えます。

posted by リーさん at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | think about 〜